2015年2月アーカイブ

伝統料理レシピを伝授しました

企画広報課・広報係の馬場昂平ですsun

2月21日、JAくるめ本店で、「冬野菜たっぷり伝統料理教室」が開かれましたsmile

この料理教室は、JA福岡県女性協議会が

県内各地で開いているものcapricornus

「福岡県産の農産物を使って、楽しく料理を作りながら親子の絆を深め、地域の食や“ご飯食”の大切さを伝える」ことを目的に、

ボランティアで行っていますflair

今回はJAくるめ管内に住む親子を対象に実施し、7組15人が集まりましたeye

  サンプル

講師役を務めたのは、協議会メンバーとフレッシュミズネットワーク役員、JAくるめ女性部有志で組織する「愛情たっぷりふりかけ隊」のメンバーshine

今回、挑戦したのは「炊き込みご飯」「白あえ」「のっぺい汁」の3品ですwink

参加した親子は講師の手ほどきを受けながら、約2時間かけて楽しく調理しましたhappy01

サンプル   サンプル
     
サンプル写真左が執行部長です!  

JAくるめ女性部の執行博子部長は今回、

「ジュニア野菜ソムリエ」として参加clover

レシピに使われた冬野菜の、主な栄養素や効能、調理・保存方法、鮮度の見分け方のコツなどを伝授しましたeyeglass

ご紹介した、ホウレンソウ、ダイコン、ニンジン、これ全て久留米で採れる野菜なんですねwink

手作りの資料を使って、地産地消の実践を呼び掛けられていましたflair

 

完成した後はみんなで昼食ですrestaurant

私、大してお手伝いしてないんですが

(のっぺい汁のアク取りをちょっとだけ)、

皆さんのご厚意でご馳走になりましたcoldsweats01

素材の味を十分に生かした、優しい味わいで本当においしかったですlovely

  サンプル

 

サンプル   サンプル
     

食の欧米化が進み、味付けの濃い食べ物に手が伸びる事が増えた昨今。

野菜の本当の味わいに触れる機会が少なくなっているような気がします。

次代を担う子どもたちに“食を大切に思う心”を繋いでいけるよう、これからもこの教室のような場が増えていけば・・・と心から思いましたconfident

ではまたpaper

元気脳教室の修了式がありました

企画広報課・広報係の馬場昂平ですwink

 

皆さん、「健康寿命」という言葉を聞いた事がありますか?

健康寿命とは、世界保健機関(WHO)が2000年に提唱した新しい寿命の指標の事ですflair

平均寿命から介護などを必要とする年数を差し引いた寿命の事を指しますeyeglassshine

地域に根差した活動を展開するJAでは、

この健康寿命を「100歳まで延ばそう!」と掲げ、各地で介護予防事業を積極的に展開しているのですup

 

ここ久留米市では「くるめ元気脳教室」

という名称で、市内5カ所で介護予防の取り組みが進められていますconfident

この内の1カ所をJAくるめ福祉課が担当wink

昨年10月から5カ月間にわたって、

65歳以上で中・重度の認知症患者ではない方を対象に、脳トレやストレッチ運動など

計20回の講座を開いてきましたpencil

  サンプル

 

19日にはその集大成となる「修了式」が

JAくるめ本店で開かれ、

参加者にJA福祉課職員手作りの「修了証書」が手渡されましたshine

 

ちなみに最高齢の方は86歳sign01

 

失礼ながら、年齢を聞いて思わず私、

「えっ!?coldsweats02

と言ってしまうほどにお元気な方でしたup

  サンプル
サンプル  

サポーターとして携わった

JA女性部つつじの会の皆さんにも、

「感謝状」をお渡しするというサプライズがhappy01

 

中には参加者との別れを惜しむ余り、涙を流される方も・・・weep

  サンプル

 

サポーターの方が仰っていた「皆さんから多くの事を教えられ、逆に感謝したい」という一言が印象的でしたshine

・・・始めは「支える側」の意識で活動に携わったものの、人生の先輩たちから得る知識の深さに感銘を受けた。もっと色んな事を教えてほしい・・・

お互いに支え、支えられる理想的な関係を感じさせ、深く心に刻まれた言葉でしたconfident

 

JAくるめでは福祉事業の展開を通して、安心して暮らす事のできる地域づくりを目指しています。

介護でお困りの方。一人暮らしに不安を感じている方。

自分だけで抱え込まず、まずはJA福祉課TEL0942-33-2300までお問い合わせくださいtelephone

大学生記者が取材に来てくれました

企画広報課・広報係の馬場昂平ですsun

突然ですが皆さん、日本農業新聞をご存知でしょうかeye

日本農業新聞とは、JAグループの機関紙であり、国内唯一にして最大の農業専門日刊紙pencil

最近話題の農業・農協改革、環太平洋連携協定に関する最新情報はもちろんの事、JAや地域の情報、営農や暮らしに役立つ情報などがテンコ盛りの新聞なのですconfident

中には

「未来への挑戦!!~大学生記者が探る~」という企画もありまして、

一般消費者でもある大学生が、福岡県内の若手農業者の元へ出向き、農業にかける思いや工夫、こだわりを取材する事により、農業と食のつながりや地域を身近に感じてもらう・・・という内容ですflair

  サンプル

 

今回、JAくるめ管内の組合員さんが取材を受けましたので、ご紹介する事にしましたhappy01

サンプル  

取材を受けたのは、

久留米市太郎原町でリーフレタスなどを生産する高田英明さん(写真左)

大学生記者は、中村学園大学栄養科学部3年の永末ゆりさん(写真中)

右の方は、仲介役を務めるJA福岡中央会の古賀美智子さんですshine

 

永末さんは、今回が初めての取材wink

少し緊張しながらも、高田さんのリーフレタス生産にかける熱意、品質向上へのこだわり、今後の夢や目標などを熱心に聞き取っていましたup

サンプル   サンプル
     

この取材内容は3月12日(木)に掲載予定ですsign01

詳細は掲載してのお楽しみwink

購読されている方は是非チェックしてみてくださいeye

購読されていない方で「購読してみたい!」という方は、お近くのJA支店までご連絡くださいねtelephone

とりかい24に一足早い春が来た!

企画広報課・広報係の馬場昂平ですup

 

JAくるめの小規模多機能型施設

「ドゥ・ファミーユとりかい24」に、

縦90cm横1.5mの"箱庭"が届けられましたclover

  サンプル
サンプル  

この箱庭は、2月7日から24日まで

久留米百年公園で開催中の「第10回久留米植木まつり」をPRしようと、

11日まで久留米市役所ロビーとJR久留米駅構内に展示していたものeye

市内の福祉施設を対象に、申し込みがあった中から抽選で寄贈しているそうですflair

2作品だけなのでスゴイ倍率でしょうね・・・coldsweats02

この内、とりかい24に展示されたのは、久留米市役所ロビーにあった「静光の庭」confident

黒松や梅、久留米つばきなど10種類が植えられ、見る人に一足早い春を感じさせる作品に仕上がっていますcherryblossom

写真でこの美しさが伝わるか分かりませんが、本当に素晴らしいですgood

思わず見入ってしまいますねwink

サンプル   サンプル   サンプル
         

まつり実行委員会ではここ数年、毎年この箱庭プレゼントを企画しているのだそうですtulip

副実行委員長の岩佐一馬さんは「利用者の方の中には、まつりに来たくても来られない方もいるのでは。なるべくたくさんの方々に見て頂いて、植木の美しさ、春の暖かさを感じてくれたら嬉しい」と話して下さいましたconfident

 

箱庭はとりかい24の玄関前に展示し、外部の方も見ることができますsign01

お近くにお住まいの方は、気軽に寄って頂いて、春を感じてみてはいかがでしょうかwink

サンプル   サンプル
     

 

食JAN市場が銀賞に輝きました

企画広報課・広報係の馬場昂平ですhappy01

 

福岡県内JAの農産物直売所を点検、審査する「JA農産物直売所店舗認定」で、JAくるめの「食JAN市場」が優秀店舗として、“銀賞”を受賞しましたsign03

 

年に1度行われているこの認定、

今回は県内13JAから20店舗がエントリーwink

「店舗」「商品・販売」「安全・安心」「サービス」「組織・人」「交流」「経営」「その他」の8項目の合計点で審査されましたeye

 

認定店には、こんな「認定旗」が掲げられていますshine

食JAN市場では届いて早速、店舗前に設置していますよup

 

近くをお通りの際など、この旗を見かけましたら是非お立ち寄りくださいgood

おいしい地元農産物を豊富に取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしていますconfident

  サンプル
サンプル  

 

【食JAN市場】

久留米市御井町2176-1

TEL 0942-41-0882

営業時間 午前9時30分~午後6時

 

「博多あまおう」がおいしい季節です

企画広報課・広報係の馬場昂平ですscissors

 

毎日寒い日が続いていますねsnow

今、JAくるめ管内ではイチゴ「博多あまおう」が食べ頃を迎えていますhappy01

イチゴをよりおいしく食べるのに最適なシーズンはまさに今、という訳ですlovely

  サンプル

 

そんな季節を迎え、JAいちご部会では、2月3日に中間検討会を開きました。

おいしいイチゴを消費者のお手元に、よりおいしく、よりスムーズにお届けするために、

生産者と青果市場関係者がイチゴの生産・販売の経過について報告し合い、今後の販売を見通して共に意見し合う場ですeye

サンプル   サンプル
JA川津友幸営農経済常務理事のあいさつ   JAいちご部会の末安浩士部会長

 

今年産のくるめ産「博多あまおう」は、一言で言えば“順調”sign01

サンプル  

もちろん自然が相手ですから、この“順調”に至るまでには山あり谷ありだった事でしょうwobbly

生産者の皆さんの努力には本当に頭が下がりますconfident

青果市場関係者からは

全国のイチゴ産地の動向などを踏まえ、

くるめ産がより流通するための要望が伝えられましたear

おいしい「博多あまおう」を多くの消費者の元にお届けしようと、生産サイドと流通サイドが協力して頑張っている訳ですねflair

サンプル   サンプル
     

先日、とあるクイズ番組でも言っていたのですが、福岡県のイチゴ生産量は全国第2位!

県独自のブランド品種「博多あまおう」は、国内だけでなく世界にも多くのファンを持っていますlovely

そんな、引く手数多の「博多あまおう」shine

なんとJAくるめの農産物直売所でも購入できるのです!happy02

数には限りがありますので、店頭で見掛けた際には是非お求めくださいgood

 

【食JAN市場】

久留米市御井町2176-1

TEL 0942-41-0882

営業時間 午前9時30分~午後6時

 

【くしはらの里】

久留米市東櫛原町700-1

TEL 0942-36-5681

営業時間 午前9時~午後5時

恒例のWフェア!

企画広報課・広報係の馬場昂平ですsmile

 

1月31日、2月1日の2日間、JAくるめでは、グリーンフェアとウインターフェアを開きましたconfident

このWフェアは、JAが毎年2回、夏と冬に開いている恒例イベントscissors

組合員・利用者の方々へ、日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちを還元しようと開いていますflair

期間中、非常に寒かったのですが、グリーンフェアには1795人、ウインターフェアには1175台ものお客様に足をお運び頂いたとの事でしたrvcar

ご来場いただいた皆さま、お寒い中お越し下さいまして本当にありがとうございましたhappy02

サンプル  

さてさてeye

こちらは、グリーンフェアの会場となった営農センターflair

農薬、生産資材、小農具などがずらりと並んでましたcoldsweats02

 

中でも大人気だったのが、堆肥の詰め放題!

この堆肥は、JAくるめが独自に商品化しているオリジナル完熟堆肥「土力目標」shine

たった20円coldsweats02sign01で5袋まで詰め放題とあって、多くの人がスコップ片手に挑戦されていましたsweat01

サンプル   サンプル
     

他にもフェア期間限定の特別価格が設定された商品が多数あり、多くの方が購入を検討して品定めしていましたよeye

サンプル   サンプル
     

 

こちらはJAのガソリンスタンド「ふれ愛プラザ」で開かれたウインターフェアhappy01

20リットル以上給油された方には、卵1パックをプレゼント!

卵の価格が高い今、本当にうれしいサービスですcatface

他にも洗車券やタイヤの格安販売など、実におトクな2日間でしたup

サンプル   サンプル
     

今回ご来場いただけなかった方、次は夏に開催予定ですsign01

ぜひ次回はご来場くださいねwink

装いも艶やかに「新春のつどい」

 

サンプル  

企画広報課・広報係の馬場昂平ですhappy01

 

1月30日、久留米市内のホテルで、JAくるめ女性部による「新春のつどい」が開かれましたfuji

2年に1度開かれるこの集いでは、女性部の皆さんが艶やかな衣装に身を包んでドレスアップring

 

サンプル  

和服、洋服、とお気に入りの装いで、会場の雰囲気も華やかな感じですboutiqueshine

女性部部長の執行博子さんと

緒方義範代表理事組合長の

あいさつの後、

森光佐一郎代表理事専務による乾杯で会食がスタートwine

 

催しもたくさん行われましたsign01

サンプル   サンプル
柳哲子さん(国分支部)が祝舞を披露   池尻サツヱさん(国分支部)の「おてもやん」
サンプル    

コーラスグループ「コールJAくるめ」による合唱

 

食事は洋食restaurant

 

上品な感じでおいしそうでしょ?lovely

 
僕もいただきましたが、非常においしゅうございましたflair
  サンプル

 

南陽山勝光寺住職の南慧昭さんを招いての記念講演もありましたkaraoke

この南さん、なんと南こうせつさんの実の兄!歌を説法に取り入れた「歌説法」を披露し、温もりのある歌声で会場を沸かせていましたnote

サンプル   サンプル
     

最後は恒例の福引抽選会!

監事賞、常務賞、専務賞、組合長賞、女性部長賞など豪華賞品が当たる度、歓声と溜め息が交差し、会場はヒートアップup

文字通りの「大盛況」でしたsign03

サンプル   サンプル
     

福引に当たった方も、当たらなかった方も、この1年が皆さんにとって良い年になりますようにcapricornus

心から祈念申し上げますconfident

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。