60年ぶりの献穀!豊作願い「播種祭」

ブログをご覧の皆さま、はじめましてhappy01

農業振興課のマーシーですshine

oneonetwothree日に皇居である新嘗祭にいなめさいへ献上する米と粟を、JA管内で生産することになりましたhappy02

JA管内で新穀を生産するのは、oneninefiveseven年に同町(当時:三井郡草野町)で

生産されたのが最後sign01

なんとsixzero年ぶりのことですsign03

献穀に係る行事を円滑に行うため、

fourtwosix日、JAくるめや久留米市水田農業推進協議会、草野校区まちづくり振興会、草野地区農事組合長会、久留米市農業振興協議会、福岡県米麦品質改善協会朝倉支部で

shine久留米市草野地区良質米推進協議会shine

を設立しましたhappy01

  サンプル

fivetwoeight日(日)には、草野町紅桃林の水田で豊作を祈る播種(はしゅ)(さいを執り行いましたsign01

播種祭には、久留米市草野地区良質米推進協議会の委員など約fivezero人が参加happy01

サンプル  

 

 

最初に・・・

献穀者の妻・大塚佳代子さん(草野町)が、

播種する田んぼに「(くわ)入れ」sign01

 


 

 

次に・・・

献穀者の大塚昭生さん(草野町)が、

水稲「元気つくし」を播種sign03

  サンプル

 

続いて、早乙女姿heart04の屏水中の生徒seven人(草野町在住)が、

苗箱に水稲「元気つくし」粟「りくえいを播種し、豊作を祈願しましたhappy01

sixoneeight日(日)には、「御田植祭」が、

onezero月上旬には収穫を祝うぬいさいが執り行われますriceball

新入職員の1年後

お久しぶりですsign03

企画広報課の山Pでーすhappy01

 

four月に入り、JAくるめにも新入職員がやって来ましたよheart04

新入職員を見ていると初心を思い出し、「もっと仕事を頑張らねば・・・」という思いになりますconfident

 

今回は、昨年four月に入協した先輩職員three名をご紹介したいと思いますsign01

 

まずは、経理を担当している

管理課 shine高田愛さんshine

one年振り返ってみると・・・

 

「業務の流れをつかめるようになりました。

これからは、自分の業務だけでなく、

先輩たちのフォローも行っていけるように

なりたいです」sign01

 

 

サンプル

なんとも頼もしいですねhappy02

 

次に紹介するのは、米の販売を担当している

農産流通課 shine田中美咲さんshine

サンプル  

 

one年振り返ってみると・・・

「まだわからないこともありますが、

今年、初めて後輩ができたので、

お互いに学びながら、

一緒に成長していきたいです」sign01

先輩としての更なる成長が楽しみですhappy02

 

そして最後は、貯金窓口を担当している

中央支店信用推進課 shine石川知佳さんshine

one年振り返ってみると・・・


one年前に比べて、お客様に顔や名前を

覚えてもらい、声をかけてもらえるように

なりました。とっても嬉しいです。

今年度も頑張ります」sign01

  サンプル

 

やる気に満ち溢れたコメントですhappy02

日々、頑張る彼女たちshine

これからのさらなる活躍が楽しみですhappy01

今回、残念ながら紹介できなかった職員がたくさんいますhappy02

みなさんsign01ぜひ、JAくるめへやる気に満ち溢れた職員に会いにお越しくださいnote

 

14名の新入職員が仲間になりました!

みなさん、こんにちはnote

総務企画部の「ニシキド(仮)」ですhappy01

 

この春cherryblossomJAくるめに新しくonefour名の職員が仲間に加わりましたhappy02

今回は、threeonefour日(火)にJAくるめ本店で行われたセレモニーの様子をご紹介sign01

 

みなさん、真剣な面持ちの中、

入協式がスタートsign03

 

緒方義範組合長から

一人ひとりに辞令が手渡されましたhappy01

  サンプル

 

サンプル  

 

 

辞令交付後は

組合長よりあたたかい激励のあいさつsign01

 

JA職員としての心得を聞き、一つ一つの言葉に力強くうなずいていましたhappy02

           

今はまだ研修中ですが、このthree週間の研修期間が終わる頃にはきっと大きく成長し、

それぞれの部署で活躍してくれると大いに期待していますhappy01

桃満開!春の雰囲気に包まれて

ブログをご覧の皆さま、お久しぶりですconfident

企画広報課・広報係の高田光弘ですhappy01

 

穏やかな気候sunとなり、春が一歩ずつ近づいているこの頃cherryblossom

JAくるめハウス桃研究会会員のビニールハウスでは、桃の花が満開を迎えましたhappy02

サンプル  

 

ハウスの扉を開けるとほのかに漂う甘い香りsign03

 

ハウス内は、辺り一面華やかな

春の雰囲気に包まれていますnote

 

 

花びらを鮮やかなピンク色に染めている品種は「日川白鳳」sign01

開花時期は平年並みで、花付きも良く順調に生育しているとのことhappy01

 

満開を迎えると、おいしい桃を作るため、重要な作業を行いますsign01

 

手作業paperによる「人工授粉」ですsign03

 

先端に鳥の羽根をつけた棒で、

丁寧に受粉していきますhappy01

  サンプル

 

今後は、摘果作業などを経て、five月中旬には収穫できる見込みですnotes

 

JAくるめハウス桃研究会では、five人の会員がonefourヘクタールに

「ちよひめ」 「はなよめ」 「日川白鳳」 「八幡白鳳」

four品種を生産していますhappy01

平成29年もよろしくお願いいたします

       

        久留米市農業協同組合 代表理事組合長 緒方 義範

 

    JA組合員・利用者の皆さま、ブログをご覧の皆さま、

    明けましておめでとうございます。

    平素よりJA事業に対し、ご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

    本年も旧年に倍してのご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

  

   混迷する日本農業

    平成28年4月1日、改正農協法が施行されました。JAとしては改正内容を踏まえ

   ながらも、自己改革の実践に向けた各種の取り組みを進めていますが、そのようななか、

   政府の規制改革推進会議は、さらなる急進的な「提言」を発表しました。

    今回の「暴論」に対し、JAグループでは全国をあげ毅然と抗議。現場無視の急進改革

   は後退したものの、今後も「改革」の名を借りた協同組合への無理筋な提案が懸念され

   ております。

    また、国内農業へ甚大な影響が懸念される環太平洋連携協定(TPP)について、多く

   の情報が開示されないまま、政府は強行的に承認案および関連法案を成立させました。

   しかしながら、トランプ次期大統領が反対を表明している米国での承認はめどが立ってお

   らず、今後は再交渉や日米自由貿易協定(FTA)といった新たな枠組みでの交渉も懸念

   されており、さらには、今回の合意内容は、欧州をはじめとした今後の貿易協定の基準と

   なる可能性も指摘されています。

 

   未来への架け橋へ

    このような状況の中、JAは、平成28年6月の総代会にてご承認いただいた第7次中

   期経営計画「未来創生かけ橋プラン」に基づき、各事業の展開に努めております。

    柱となる「農業づくり」では、くるめ産農畜産物の付加価値増大に取り組み、「地域づく

   り」では、地域特性に適合した事業を展開し、支店を拠点とした地域に元気を興す活動に

   取り組んでまいります。さらには、「人づくり」として、役職員一人ひとりが、組合員・地域の

   方々一人ひとりの立場に立ち、将来にわたって信用、信頼される関係を構築し、「農業づ

   くり」「地域づくり」の実現に向けた「人財」育成強化に取り組みます。

    これらを基本方針として、農と地域を未来へつなげるため、平成29年も各種の取り組

   みにまい進してまいります。

 

   皆さまの豊かな暮らしを実現するため、役職員一同一丸となって努力していく所存です。

   より一層のご助力をお願い申し上げまして、新年のごあいさつといたします。

電話応対のスキルを磨く!

皆さん、はじめましてhappy01

総務企画部のマホママでーすheart02

oneoneoneeight日(金)に、「JAくるめ版電話応対発表会」を開きましたhappy02

今年の新入職員onefive人が参加sign01

お題は、「忘れ物をしたので探してほしい」という組合員さんからの電話telephone

各自で考えた電話応対を発表しましたhappy01

 

 

審査のポイントは・・・

「相手の気持ちにいかに寄り添い、言葉のキャッチボールbaseballができていたか」sign01

 
  サンプル

審査員に、JAくるめ女性部の辻トシコ部長と池田律子副部長を招き、

お客さま目線で、厳しく審査していただきました。

審査の結果・・・

サンプル  

優勝したのは・・・

後藤 朋美さんshine(西部支店営農経済課)(中)

準優勝は・・・

生野 萌さん(営農事業部担い手支援課)(右)

第三位は・・・

高田 愛さん(総務企画部管理課)(左)

表彰を受けた皆さん、おめでとうございますshine

今後のJAくるめの電話応対向上にご期待くださいhappy02

地域特産ネギを小学生が定植

ブログをご覧の皆さま、こんにちはhappy01

JAくるめの夢つくし太郎(南部支店所属)といいますwink

ninetwoseven日(火)sunに、高良内小one年と支援学級の生徒ninezero人が、

高良内小学校内の花壇に、地域特産の「明星ねぎ」の苗を定植しましたhappy01

 

JAくるめ青年部高良内支部の盟友が

お手伝いhappy02

まずは、「明星ねぎ」の歴史や栽培方法、

苗の定植の仕方を盟友が丁寧に説明sign01

  サンプル

青年部盟友から苗を受け取り

さあ、いよいよ定植開始up

サンプル   サンプル
     

「おいしくなーれ」と、全員で協力して校内にある花壇いっぱいに定植しましたhappy01

これから、除草cloverなどの作業管理をしながら「明星ねぎ」の生育を観察eye

onetwo月中旬には全員で収穫し、給食で振る舞われるそうですhappy01

どんな料理で出てくるのか、楽しみですねhappy02

甘さたっぷり!「藤山の梨狩り」楽しむ

ブログをご覧の皆さま、お久しぶりですconfident

企画広報課・広報係の高田光弘ですhappy01

 

JAくるめ梨部会では、eighttwozero日(土)、twoone日(日)、twoseven日(土)、twoeight日(日)の

four日間、久留米市藤山町の梨園を開放し、「藤山の梨狩り」を開きました。

 

収穫するの梨の品種は、あまーい果汁をたっぷり含んだ「豊水」sign01

今年産の「藤山なし」は、梅雨rain明けから天候に恵まれsun

平年よりも糖度がoneからtwo度高いupのが特徴sign01とっても甘くておいしい梨になっていますhappy02

 

  サンプル

生産者から「藤山なし」の特徴や収穫方法、おいしい梨の選び方の説明を受け、いざ収穫sign01

サンプル   サンプル
     

市内外から多くの家族連れなどが訪れ、植栽から106年目を迎える

地元特産のブランド「藤山なし」の収穫を楽しんでいましたhappy02

たくさんのご来場ありがとうございましたhappy01

JAくるめお祭り隊登場!!

皆さん、お久しぶりですhappy02

総務企画部の山Pでーすheart04

eightfour日(木)に、JAくるめ職員とJA女性部員の総勢eighteight名が

JAくるめお祭り隊』を編成sign01

サンプル   サンプル
     

「第45回水の祭典久留米まつり」の『一万人のそろばん総踊り』に参加しましたhappy01

職員と部員が一丸となって踊りまくりましたhappy02

まずはそろばん踊りnote

サンプル   サンプル
     

そろばんを持って、皆で息を合わせて

「しゃーん、しゃーん、しゃんしゃんしゃん」notes

息もピッタリsign03

サンプル  

 

次は、そろばんばんばんnote

そろばんからうちわに持ち替えて

「ヤーupwardright、ヤーupwardright

大きな声で、元気いっぱいsign03

 

そして、フィナーレは・・・

サンバでそろばんnote

「ソレ、ソレ、ソレ、ソレ」up

盛り上がりは最高潮sign03

  サンプル

暑い中coldsweats01でしたが、two時間踊り続け、元気なJAくるめをアピールできましたhappy01

来年も参加予定ですnote是非、JAくるめを見に来てくださいwink

地域住民と協力して防火避難訓練!

ブログをご覧の皆さま、はじめましてhappy01

JAくるめ福祉課のshineひかりちゃんshineですsign01

JA福祉課では、各福祉施設houseが安心してご利用いただけるよう、

火災などの災害が起きたとき、地域住民の方と協力体制をとっていますsign01

今回、夜間nightに火災が起きたことを想定した防火避難訓練を、sixtwofour日に

小規模多機能型施設「ドゥ・ファミーユとりかい24」houseで行いましたsign01

久留米広域消防本部西出張所の指導のもと行われた訓練模様を紹介したいと思いますhappy01

 

職員が火災を発見eye

火災ですsign01

落ち着いてください

と大きな声で施設内にいる利用者へ呼びかけ、消防へ通報mobilephone

火災の状況を知って駆けつけた地域住民の方と協力して、利用者を安全な場所へ避難させましたcoldsweats02

  サンプル

到着した消防隊へ、火災の状況や施設内の情報を正確に伝えましたsign01

サンプル  

 

訓練後に消防職員から説明を受けましたsign01

避難誘導に要した時間clockや安全に避難するための指示の仕方などを教えていただき、安全な場所への避難誘導など、地域住民の方と学びましたhappy01

 

 

説明後には、駐車場parkingで消火器を使った訓練を行いましたsign01

火元に見立てた的に向かって消火開始sign03

普段使わない消火器に手間取っていたけど、消防職員から丁寧に使い方を教えていただきましたhappy01

 

  サンプル

 

sixtwoseven日には、「ドゥ・ファミーユあらき24」houseでも、防火避難訓練が行われましたhappy01